東京事変、ライブ中止の決定への様々な反応「途中で止めるなら最初から強行するな」「圧力に屈した?」

 

3月4日、東京事変が3月に開催を予定をしていた5本ライブの中止を発表しました。

政府からの自粛要請があって以降、大多数のミュージシャンがライブの中止・延期を発表をする中、椎名林檎率いる東京事変は強行開催で多くの批判を浴びる形になりました。

中止が発表された5公演

 今回中止が発表されたライブは

3月 6日(金)大阪・フェスティバルホール

3月 7日(土)大阪・フェスティバルホール

3月14日(土)仙台サンプラザホール

3月15日(日)仙台サンプラザホール

3月21日(土)札幌文化芸術劇場hitaru

以上の5公演。

現状3月28日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホールからの再開の可能性を残していますが、今後の状況に応じて対応していくようです。

 

「途中で止めるなら最初から強行するな」「圧力に屈した?」

中止の判断には「英断」と称える一方

「強行開催したくせに世論の風当たりが強くなって止めるなんてカッコ悪い」

「圧力に屈した」など否定的な意見が多く見受けられます。

 

YOSHIKIが中止を呼びかけるツイート

X JAPANのYOSHIKIが何度かにわたり、国内で活動をしているミュージシャンに向けてライブの中止を呼びかけるツイートをしています。